税金対策をしよう|医師の資産形成をサポートするサービス

新しい会計システム

レジ

新しい会計システム

小売店ではよく見かけるレジですが、多機能化がずっと進んできて、その習得が難しくなってきた問題があったのです。こうした問題を解決し、また新しい使い方もできるようになったのが、タブレットを使ったレジのシステムになります。基本的な構成としては、実際の商品の金額を入力する部分が、汎用性の高いタブレットになり、キャッシュドロアーも合わせてついています。これによりタブレットやスマートフォンになれた世代でも、簡単に入力しやすいので、早く習得できるようになります。もちろんお客様側も、まだまだ目新しいので、いろんな話をしてくる可能性も高く、お客様とのコミュニケーションのきっかけにもなりやすいのです。またタブレットを利用していますので、会計以外の時には、その画面にいろんな広告などを表示させることも可能なのです。タブレットですので場合の応じて、お客様のところに持っていけるということも可能で、席でレジを使って会計することもできるのです。次に導入面でのメリットですが、今までのレジシステムは、独自の機器で構成されていたので、初期費用はもちろんランニングコストも高額になりがちだったのです。それが汎用品であるタブレットを、レジ機能の中心に備えることで、ハードウェア部分の価格を低減させること成功したのです。このように今までのレジシステムとは、違う使い方が可能であり、習得しやすい上に、安価に導入できるのが、タブレット型のレジなのです。